STSSについて

トップページ > シルバー・トータル・サポート・システムについて

「シルバー・トータル・サポート・システム(STSS)」とは?

「シルバー・トータル・サポート・システム(STSS)」とは、厚生労働省が提示している「地域包括ケアシステム」に、システム上組み込むことが出来なかった、士業やFP関連、社会参画・日常生活の分野を主にサポートする相続安心支援センターが提唱する「暮らしのサポートシステム」を組み込んだ包括システムです。このシステムによって高齢者を健康面及び社会面の両面からサポートすることが可能となり、高齢者により優しい社会構造を構築できます。

目的

「地域包括ケアシステム(医療・介護・予防・住まい・生活支援が確保される体制)、遂行に当たり、制度上、直接関連付ける事の出来ない(一部社会福祉協議会が対応していますが)、士業・FP関連・社会参画・日常生活の身体上に制限されない社会生活分野に係る部分における一元的総合支援体制の構築を行います。

予測事業効果

「地域包括ケアシステム(医療・介護・予防・住まい・生活支援が確保される体制)に加え「暮らしのサポートシステム(士業・FP関連・社会参画・日常生活)の分野を関連付けることにより、一元的な総合福祉サービスの構築が可能となり、あわせて、本システムを社会福祉協議会と連携・提携を実現する事で、より効果的かつ効率的な高齢者の生活サポートを社会全体として実施することが可能となります。
その結果、高齢者に対し優しい街づくり、ひいては社会づくりにつながることになります。

「シルバー・トータル・サポート・システム(STSS)」とは?