暮らしを支援する

トップページ > 暮らしを支援する

暮らしのサポートシステムとは?

現在、相続安心支援センターでは相続に関する諸問題を相続診断士を中心として、各士業の先生方やFP関連、一般企業の方々とが連携して相続問題に対して包括的な対応をしていますが、その視点を相続発生の予防のとしての見地を更に広げ、高齢者の社会参画フォローを始め、地域包括支援センターが推進している事業とかぶる部分もありますが、高齢者の生存安否や移動・警備、成年後見などといった分野にまでその対応範囲を拡大していったシステムの事です。

暮らしのサポートシステム

「暮らしのサポートシステム」は相続診断士がお客様からの相続に関連する全般の相談を受け付け、その後、各専門家集団へと橋渡しをすることで、相続に関する事項を相続診断士が一元的に管理することが可能となり、その結果、より効果的かつ効率的な問題解決並びに、争続発生の予防効果を持つことが出来ます。
また、その分野を法務的な分野だけでなく、社会参画の分野にまで拡大することで、より密着したサポートが可能となっています。

そして当センターの想いに賛同し、サポートシステム構築・運営にご協力いただける企業・団体様も募集しております。