相続安心支援センターとは

トップページ > 相続安心支援センターとは

理念

お客様が後世への不安を解消し憂いなく生活され、想いを継承した方が生きる意味に気づき、さらに未来へと想いをつなぐことのできる社会の発展に寄与します。

設立趣旨

相続とは継承するご本人だけのものではありません。その人が引き次いだ家名(魂)、大切な人と築いた財産、生きてきた証、そして自身の想いを、後世の人たちへ争い無く円滑につなぐ大事な行為です。
しかし、残念ながら相続で争いが起きるのは少なくありません。それは相続についてわからなかったり、もしものときを考えたくない、相談先がわからない、相談内容が煩雑で出来ない、などの理由により事前対策が十分に行えず、想いや遺志をご家族に伝えきれずに亡くなってしまうからです。
そのために、残された人たちが財産や家名などで争ったり、困惑したりして、大切な人を亡くしたことによる悲しみから立ち直れず、残された人たちの故人に対する後悔が深く残ってしまうことがございます。

私どもはこのような相続にまつわる不安や悲しみを一組でも防ぎ、生きてきた意味、家に対する想い、生きてきた証や財産を正しく継承するために相続について伝え、安心して後世に想いを託せるよう対策し、大切な人たちが故人の想いや財産、家名を受け継ぎ、その意味を理解し、悲しみに暮れることなく想いを受け継ぎ暮らし、継承された方々もご自身の想いを未来につなげていけるようにしたい。
そして、相続が途切れることなく続き、命は尽きても魂は生き、生まれてきた意味を知り目的をもち生活し、想いを最後まで持ち生活していける社会を相続を通し出来ればと思い、相続安心支援センターの設立にいたりました。

ご挨拶

今、進行する日本の少子高齢化社会においては家族構成が多様化してきています。それにともない相続のあり方も多様化し、争族になることも少なくありません。当センターでは多様化する相続を各分野の専門家が連携して争いのない円満な相続のご提案をさせていただき、先人から受け継がれてきたもの、築いてこられたものを、思いを込めて未来に託され、ご家族がより深い絆で結ばれるよう相続を通してご支援させていただきます。

団体概要

団体名 相続安心支援センター
代表理事 清水 一守
設立 2013年6月
所在地 〒503-0898
岐阜県大垣市歩行町2丁目57-1 カーニープレイス大垣 6階
電話番号 0120-142-279
団体目的 財産や家名を承継し、生きてきた証を残し、想いを未来に託し争いなく円滑に継承することを相続とする。その相続を支援することを目的とする。
高齢者の社会参画の支援を行う。
テーマ The life last forever(命は尽きても魂は死なない)
※葉っぱのフレディより
会員数 19名

事業内容

1)相続問題防止・解決・相続手続きワンストップ対応支援
2)相続関連セミナーの開催
3)相続相談の相談窓口拡大のための、相続診断士増員支援
4)エピローグシリーズの販売
5)その他、相続に関係する様々な不安や悩み事の解消や防止の支援

関係団体紹介